4月のトレーニングの会

誕生日周辺に、いろいろメールをいただいた。

日々幸せな選択をしていきたいよね、
という同い年の友人のお祝いメールに
本当だねーと思う。

年齢は似ていても環境がみんな違う。
でもそれぞれみんな幸せな選択をして生きているから、励まされるしあたたかい気持ちになる。

※※※

月末のトレーニングの会へ。

こちらでも嬉しいお祝いをたくさんいただく。
忙しい時間の合間をぬって選んでくれている姿を想像して
本当にありがたい気持ちになる。

かわいくて実用的で使いたくなったり
とっておいて眺めていたくなるものばかりだけれど
例によって開けたラッピングをまたもとに戻して部屋に置いている。
その部屋の一角がしばらくパワースポット的な感じになるのが再びうれしい。


この日はワークはなくシェアのみ。

みんなもれなく変化の時なんだなあという感じがした。

私は、ひとりのお仲間がもたらしてくれた気づきについて話したのだけど
トレーニングの会でシェアをしたということが結果的に4重5重もの気づきとなった。

ともに学ぶ仲間でもあるということで、
意図したわけではなかったのに甘えてしまったけど
(意図したわけでは…という出来事はなんとも言えず痛恨、という感じがする)
「胸を借りる」という表現が別の方のシェアのときになされていて
それがしっくりくる感じがした。


胸を借りるって、ありがたいなあ。



私は中学生の時、柔道をやっていた時期が少しあった。

仲間や先輩、先生に文字通り「胸を借り」て、
乱取りという名の自由練習をしていたことを思い出した。
そこにはストイックな目的と信頼があった。
そこで技をかけたり、受け身をとったり、両方の立場を総合的に学んでいったのだった。

胸を借りて、ストロークやあり方を反射させながら、
別の視点やその人独自の掘り下げ方を観ながら
自分や相手が何を思って、
うーん、じゃあどうしていきたいのかな?と考えていくことで
また微調整したり深めたりしていくのは
いろんなことに共通するものだと思った。


もちろん人間関係には練習も本番もないんだけれど。

大事なものをよりシャープに自覚して大事にするための過程を
共に過ごさせてもらうことって尊くて
滅多にあるものでもなくありがたいと思った。


帰り道、同じ方向の人とまた話しながら帰った。
1度してくれた話をより深く聴いて興味深かったので
なるほどー!あーなるほどね!
となるほどを連発しながら歩いてしまった。
歩道をゆく人にうるさそうに見られたけど
こういう時間もまた楽しい。


いただいた癒やしグッズたちやかわいいもので心身をゆるめて
また明日から地道に進もう。





スポンサーサイト

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

Comment

非公開コメント

プロフィール

あや

Author:あや
インナーチャイルドセラピー
ヒプノセラピー
アクセスバーズ等のセッション
及びアフターカウンセリングを行っています
(女性限定)


ウェブサイト
 http://aarteeni.net/


Instagram

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR