スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文殊の知恵がたくさん生まれる

もう9月も末か…と思ったら今日はもう10月になっていた。

9月は風邪で体調が悪く、それなのに予定もけっこうあり
なんとかして動ける程度に身体を整えないかん、ただし強引でない方法で!
と身体をケアし続けた月でもあり
新しい人間関係にいろいろ思うこともある月でもあり
自分の物事との距離感などを考えなおすこともあり
あっという間で濃いひと月でもあった。

そんな月の最後に恒例のトレーニングの会に出席。

体調の悪い方が多かった。
病むこともまた懸命に生きていることの一面なんだよな、と思う。
自分が病むと辛くてそんなことを思っていられないんだけど。



この日のシェアでは私は自分の自信というものについて感じたことを話した。

自分は努力して出した結果に自信を持つ傾向がとても強かったけど
それだけじゃなくて自分のあり方(あり続け方)を信頼することにも自信を持っていいのかな
だって結果は外的なものである場合も多くて揺らぎやすく
それに反して自分の姿勢やこうありたいと思う気持ちは真実だと自分が知っているし
その姿勢に則って努力してきた自分はとても信頼に値する
(姿勢が揺らぐこともあるけどまた戻るタイプだと知っている)

何かができないという経験はもう十分したけどこれからもいろいろ出てくるかもしれない
でも、できないことは哀しいことであるけど必ずしも自信を失う必要はなくて
哀しいねえ残念だねえと感じる自分を疎かにせず
というかそれこそが私の感受性なのだと大事にし
こうありたいねえという方向に努力を諦めず
それでたとえ努力の結果がでなくても、よくやっている自分を誇らしく思う
それを誇らしいと思える自分を信頼している
っていうことを「自(分を)信(頼している)」って言っていいのでは
たくさんある自信の柱のひとつとしてそれも大事なものなのでは

みたいなことを、うまく言えたかどうか分からないけど言った気がする。

その話に対して皆がいろんなシェアをしてくださり
お菓子の説明書きや畑や米や蔵など
とてもわかりやすい喩え話で、私の気付きを尊重しつつ
さらに視野を広げてくれた。

そのおかげで、自分の行動のパターンがなんとなく見えて
あ、なんだそういうことか・・・とまた新しく気がつくこともあり。

ひとつ自分の固定した視点を抜けだして、こうだった!
と思ったらその先に
実はこうでもあるよ!という視点が存在して、それを分かち合ってくれる

しかもそれが、なにか別のものが混ざっているような面倒な交流ではない
ということに安心して信頼していられるからまた自分に立ち返り
「実はこうでもあるよ!」のそのまた先の視点の獲得も可能になる
で、多分終わりなく続いていくんだろうけど

なんとまあ、ありがたいことなんだろうか。


自分の話についてそんなことを思い
他の方のシェアや交流にも
相手を大事にすることや素直な自分の気持ちの表現や
ムリをしない姿勢や細やかな心の動きを逃さない客観性に
変わらぬ敬意をいだき

ワークへと入った。

どうしますかと問われてある方がお題をだしてくれた。
しかもそれがみんなにとって共通する非常に大事なものだったってことがまたすごい。

自分にとって衝撃的な言動をとられた時
とっさに自分が納得する行動ができない時がある。

純粋に疑問、あるいはくやしい、心残り、そんな自分が嫌などなど
これでよしと自分が思えなかった場面はみんなある。

それを次どうしたらいいか?でもあるし
これでよしと納得して心残りを終わらせるワークでもあったと思う。

自分と違う発想や口調や言い回しを聴くと
それを取り入れたいと思えば自分に取り入れることができるのがいい。
自分であれこれ考えても
思考やパーソナリティの限界があるもの。
シェアでも新たな視点獲得の日であったけど
ワークでもそういう感じだった。
新たな対応力のヒント獲得の日。

・・・それにしても、みな結構なツワモノと日々格闘しているんだな。
そのツワモノ役もそれに対峙するツワモノも
真剣なんだけどおかしくて、勉強になるけど腹筋から笑ってしまった。

そういえば、私のケースの時は私ひとりで終わってしまった。
みんながどう対応するかを聴きたくもあったな。
自分でも心残りで、次どう言うかを考えていたケースだったから
言いたいことが言えたと思うけど
どんだけ腹を立ててそのことについて考えていたんだ!と
自分にツッコミを入れたくなる瞬間でもあった。

ワークを終えてピザを頂いて
この日を終えた。


この日、旅行の写真をフォトブックにしたものを見せてくれた方がいて
とても素敵だった。

風景や花や動物の切り取り方に雰囲気があって
でも随所にちょっとクスっと笑えるところがあって
人柄のあらわれる作品だなあと思った。

手作りの作品ってみんなその人があらわれるのかもな。

いや、作品にかぎらずちょっとした言葉や行動や小さなことでも
向かい合う姿勢みたいなものは
すけて見えることがある。

自分を振り返ると、すけてみえて恐ろしいと思う反面
姿勢が知らないところで即結果にもなってるってことも言えるんだな
なんて思った。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

あや

Author:あや
インナーチャイルドセラピー
ヒプノセラピー
アクセスバーズ等のセッション
及びアフターカウンセリングを行っています
(女性限定)


ウェブサイト
 http://aarteeni.net/


Instagram

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。