私の怒りとのつきあい 4

近県で災害。
自分がもし、と想像しながら家の中を見渡すと
思い知ることがたくさんある。

無事の救助と安全と…こころや環境が落ち着くことを祈るばかり。



続き。


セラピーは受ける側でも、する側でも
感動を伴う。

人の人生の重みや奥行きの深さや
よりよくなりたいという力から導かれる
いろんな感覚や感情やイメージに触れると
自己治癒力の素晴らしさに圧倒される。
その人自身が自らを癒すことができるってことを目の当たりにする。


だから好きだ。

怒りを抑圧して、その解放を願って、
好きだなあと思えるところにたどり着いたのか。

そう考えると
怒りのエネルギーのおかげとも言える。


なんだかこう書いていると
ヒプノ イコール 抑圧の解放
みたいな誤解を与えてしまうかもしれないけど
そうではないです。
たまたま私が抑圧の解放を願って
それが潜在意識とつながること(催眠状態)でできたというだけで
どんな方法を使って解放してもいいし
どんな目的でヒプノを使ってもいいと思う。

もちろんセラピーで一瞬にしてたどり着いたわけではなく
教育分析と同時進行して解放や気づきや新たな視点の獲得などを
積み重ねた結果であることは言うまでもないのだけど。




怒りの感情って、そんなに好まれるものってわけでもない。


なんでなんだろう。

攻撃性と結びついているように見えるからかな。
暴力とか怒号とか。
イライラしてる人の側にいるとなんか居心地悪いし。

暴力は私も受けたくない。

でも、たとえば
神様に怒りたくなるような
一生かかっても、仏にでもならなけれは許せないような
理不尽な暴力を振るわれた人がいたとしたら
人としての個を超えるような怒りを感じる人もいると思う。

そんな人に「怒るな」なんて絶対に言えない。

だからといって
仇討ちみたいに理不尽な暴力と同程度の仕返しをしたり
周囲にまき散らしたりするのは
その人にとっても幸せなことではない。
反対に抑圧すればいいってわけでもない。
内側に向かったら病気になってしまうかもしれないし。

だとすると、
自分が何を感じているか感じること と
暴力でない表明
(表明しないとか離れるとかも含めて)をすること

幸せに生きる道につながるんじゃないかなと思える。


許しましょう とか
手放しましょう とかいうのは
十分感じてからで良いんだ。

すごーく怒っている、っていう感情をちゃんと感じたら
実はとても怖かったからとか不安だったからとか悲しかったから
ということが感じられるかもしれない。
私の父に対する怒りはこのパターンだった。

これを感じないで、
怒りだけ頑張って手放したり忘れたり許したりしたら
また別の感情の抑圧を生むだけなのかもしれない。


きっと怒りやネガティヴなものも含めて感情は
その人らしく生きるためのセンサーのひとつみたいなものなんだと思う。

何に怒っているのか
何に悲しみ不安や恐怖を感じ何を避けたいのか
避けて自分はどうしたいのか
どれを選択して生きていきたいのか

それがわかるセンサー。
それをもとに自分の輪郭がはっきりしていくような。

それは誰にも等しくあって
だから誰かとの関係を大事にしたいと思うのなら
相手のも自分のも等しく大事にしたいと思う。

だからこそ
衝動レベルになるまで育てないで
抑圧しているものがあったら解放して
していないものについては
これはなんなのかと自分で気がついていけると
自分も相手も尊重したまま
建設的になにか育んでいけるんじゃないかと思う。


だんだんと少しずつではあっても。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

あや

Author:あや
インナーチャイルドセラピー
ヒプノセラピー
アクセスバーズ等のセッション
及びアフターカウンセリングを行っています
(女性限定)


ウェブサイト
 http://aarteeni.net/


Instagram

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR