スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の怒りとのつきあい

感情はエネルギーだ、といわれる。

例えば怒りという感情を抑圧していると
そのエネルギー自体は無くならないので
それが心身の症状などに形を変えて表れたりする
という考え方は
古今東西いろんな分野の人が言葉を変えて言ってきている。

私自身も抑圧の結果心身に不調をきたしたことがあるし
家族や周りの人にも
当てはまることが多いと感じるので
とても納得がいく考え方だと思っている。

もちろんそれがすべてではないけど、そういうアプローチが必要なケースがあるのは確かだと思う。


私の亡くなった父は統合失調症という病を持っていた。

今ではだいぶメジャーになり、割と理解も進み
良い薬もあって治る希望もある病だけど
私が子どもの頃は
まだイマイチ不明なことが多かった。
なので私にとって父は
理解を超えた、治らない病を持った人
という印象があった
(あくまで、私の父に対する感覚ですが)。

それは配偶者である母にとってもそうだったのだと思う。
大変そうな病気の父、それを支えるのがまた大変そうな母
という風に私の目には映る両親とその家庭で
誰が悪い訳でもないけど
そこではとても子どもらしく奔放には振る舞えなかったなあ
という私の「主観的な」事実がある。



「だから辛かったわたし」という話をしたいのではないのです。
抑圧した感情をどう解放するかというはなし。



子どもの感情は、受け止めてくれる相手がいるからこそ自由に表現できる。

泣いた時、反応してくれる相手がいるから
泣いて何かを訴えるわけで
もしそれがなければ諦める。
サイレントベビーなんて言葉も最近良く知られるようになったけど
赤ちゃんでも子どもでもそういったことが起こる。
大人だってずっと訴えを無視されてたら、いつか言うのを諦めてしまうだろうし。

もし子どもが
「この人(親)は自分の気持ちを受け止めきれないだろう」
「受け止められないどころか、ここで気持ちを表したら状況が悪化するだろう」
と感じたとしたら
その子はその家で生き延びるために本能的に
表現をやめるかもしれない。
子どもの性質によっては表現だけではなく、感じること自体をやめるかもしれない。
そして生き延びる手段として感情を麻痺させたまま大人になる場合がある。


…ということを知ったのは当然大人になってからで

あちゃー私このタイプかも!

と認めざるをえない状況に追い込まれて
はじめて認められたわけで。

若い頃はそんなに自覚がない程度だった。
それなりに喜怒哀楽はあるし、生活上そんなに支障もないし、自分の感覚が普通だと思っているし。

でも、自分が結婚して
夫という親密な相手と家族を作るという過程で
ようやく安心して何かを出したり向かい合うタイミングが来たとき
いろんな感情にまつわる課題が噴出してきた。


長くなるので続く。












スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

あや

Author:あや
インナーチャイルドセラピー
ヒプノセラピー
アクセスバーズ等のセッション
及びアフターカウンセリングを行っています
(女性限定)


ウェブサイト
 http://aarteeni.net/


Instagram

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。