スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こうしてあったことをずっと覚えています

クリスマス前の祝日の日、今年最後のトレーニングの会へ。

買い物袋をいっぱい持ってる人で溢れた道を歩きながら
私にとって今月はどんな月だったかな
今年は、どんな年だったかな
と振り返った。


そういえば、ちょうど去年の今頃に何を思っていたかな。

たしか、方向は決まっているんだけど
これから何をしていいのか分からず戸惑っていたような感じだったと思う。

何を選んでいいのかぼんやり考えて考えて
考えてもやっぱり分からず、どこにも踏み出せない自分が
歯がゆくて情けなくて、自分自身の扱いに困っていた。


ねえ、あなた何したいの?
これからどうするの?
いつまでこのままでいるつもり?


と私の顕在意識は焦り、自分を追い立てていたな。

それに対して潜在意識はかたく沈黙をもって抵抗を続けるので
ますます私の顕在意識、というか理性とかアタマは途方にくれて
気持ちは低空飛行をしているような
もの悲しいような
そんな気持ちだった。


そりゃそうだ。
気持ちをまったく聴こうとせずに
早くなんとかしなよと追い立てる人に
心を開きたいですか?という話だ。

今はわかる。
もちろん、まだまだできないけど
もう自分のアタマのいうことだけに従っていたら
生きていけないということだけはわかっているつもりで
私の気持ちを聴こう聴こうと努力している。
今までできていなかった分
できなさ具合にがっかりしながら
がっかりした分、自分をなぐさめながら
私のために試行錯誤している。



きっかけはゲシュタルトの授業だった。

今年の始めあたりのその講義で
実習をさせてもらったんだ。
セラピスト役もクライアント役も
先生が身体をはって真剣に向かい合ってくれたおかげで
その体験は私にとってどちらも衝撃的で
とっても興味深かった。

以前にヒプノセラピーを受けて興味はあったけど
ますます心を惹かれて
純粋にこれが好きだなあ、面白いなあ
もっと深めたいなあと思ったんだった。
アタマで「これをやった方がいいよ」と考えたのではないワクワク感があった。

そこから、アタマの心配やら反対やらをなだめすかして
私にしては結構頑張って夏にセミナーを受けにいき
とてもいい経験ができた。
そして今、ヒプノの勉強を続けたりしている。

振り返ると、気持ちを聴いた結果
愉しい日々を過ごすことができていると思う。

もちろん楽しいばかりでは全然なく
今までの思い込みや行動グセのために
怒りにまみれたり泣いたりした期間もあった。
それも大事な大事な私の日々だった。

直近に起きた出来事がこちらに近かったので
シェアの時はそちらを話したけど
でも「愉しい」気持ちがそれを大差で上回ってもいたな
と今は感じている。



そして、こうして振り返る事が出来るのも
愉しかったなあと思えるのも
ひと月の節目にトレーニングの会があって
共に学んだり歩んだりする仲間とそれを見守ってくれる先生がいたからかなと思う。

みなのシェアから
みなそれぞれのひと月や一年や
これまでのあゆみを垣間見させてもらって
人生の取り組みや
自分や他人や世界への関わりの姿勢に
励まされたりほっとしたり感嘆したりする。

違う素晴らしいところに敬意を持ったり
違うけど似てるところに共感したりする。

そして、ひとつの、でもそれぞれの学びに取り組んだり
豊かであたたかな交流を深めたりする。
そしてまたそれぞれの持ち場に帰る。

それは幸せだ。
そして愉しい。

有難い。

今月もそれぞれの尊いひと月やこれまでの話を聴き
そこに想いを馳せた。

新しい気づきを持って新しく自分の生きている世界を捉え直す人
自分の今までの生き方をとっても優しいまなざしで見つめる人
着実に堅実に深く愛おしく人生のあゆみを進めている人
学びをあっというまに血肉に変えてますますどっしりしている人
人生の大きな大きな出来事のさなかにいながらも、それをぐっと見据えて両足で立つ人もいた。
そして窮地を乗り越えて受け取るものを受け取り自分を大事にしている人
繊細な心でことばを真摯に紡ぎだしてくれる可愛くて勇気のある人

みな各々の幸せの道を真剣に歩んでいるということにおいて
同じなんだな、一緒に歩もう、私も励もうと思う。
そしてとっても大好きだと思う。


この日のワークはメッセージを贈り合うワークだったので
その時言葉にできるかぎりでその気持ちを表した。
気持ちを上手く表せないまま涙が出たりした。
本当はもっと的確に表したかったな。
伝えることも、受け取ることも
もっとうまくなりたい。
でもこころ開いて精一杯ワークをした。



この日、おひとりのシェアの後で
先生から問いかけがあった。

共依存と相互依存
投影と共感

この違いは何でしょうかということ。

その違いは相手への思い遣りにあると教わった。

みなそうだと思うけど
私もこの周辺のことでずいぶん悩んだ。

当然と思わない
尊重する
わかるわかると思いあがらない

気をつけようとしたり
言葉にするのは簡単だけど
できないことも多い。
できないと、できなさを回避するために
身構えてしまう。

悪いことではなく、思いやりの問題。

ちょうどそんな問題に直面していたから
いろんなことに共通することだな、と思って聴いた。

書いておかないとついまたうっかりしそうだから
書いて残しておこうと思う。


そう、残しておこうといえば
シェアリングで私が自分のことを話している時だったか
Mさんの前になにがしかの石が現れた。
見せてもらうと、小さく青緑っぽく光る石。
石に詳しくない私は
誰かが教えてくれた名前を忘れてしまったけど
現れたことを
そんなことが目の前で起きるなんて、と嬉しく受け止めていた。

でもワークが終わってピザをいただいていて
ふと気がついた時には
もう無くなってしまっていたのだ。

私の中に入ったんじゃないか?と言われた。

象徴的に言われると、光輝くものが入ってなんかステキな感じだけど
物理的な意味だとただの誤飲だ。まじか。

どこにいったんだろうね。

突然現れたからまた突然消えたのかもしれない。

でも確実に見たし
私の手の上にもあったし
それを見てくれた人もたくさんいた。

だからまあいいか。



今年も本当にありがとう。
出会えて本当に幸せです。








スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

あや

Author:あや
インナーチャイルドセラピー
ヒプノセラピー
アクセスバーズ等のセッション
及びアフターカウンセリングを行っています
(女性限定)


ウェブサイト
 http://aarteeni.net/


Instagram

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。