感じることって

朝、洗濯物を干していたら、ベランダに蝶が止まっていた。

遠目で羽根を閉じているところを見たら
蛾のような黒茶色だったので

うわーー蛾か………

と思いながらも怖いもの見たさでじっと見ていたら
羽根を広げたり閉じたりし始めた。

その広げた内側…というのか
よく標本で上向きになっているほうの色が
すごく印象的だった。


ディープブルーからグリーンやマジェンタのようなグラデーションの
ベルベットみたいな質感の色。
光の加減によってその色が微妙に変化して
宇宙みたいな色をしている蝶々だった。

そんなの初めて見たのでじっと見つめていたら

どうぞ見てー

とでも言うように綺麗に羽根を広げてしばらくその場で止まってくれた。

写真に撮りたかったけど、
スマホを取りに行っている間にいなくなるより
見ていたいな
と思ってる間に飛んで行ってしまった。


何かか誰かの御使いみたいだと思った。



しかしなんのメッセージかはわからなかったので
ぼんやり良い気持ちだけしてヒプノの講座へ。



この日は美味しいいただきもののばかりの日。


最近とにかくスペシャルに美味しいものをいただいてばかりいる。


新米に、利尻のとろろ昆布に、庭で採れたという生栗
ビッグサイズのマフィン、レモンケーキにハーブティー
理念も素晴らしい企業のさつま揚げ、ハロウィンのかぼちゃババロア、かわいいうずまきのクッキー
長崎の角煮にヘルシンキのチョコレート

などなど。

ありがたい限りです本当に。


スペシャルに美味しいものは
たいてい好きな人に貰うとか一緒に食べるとかして
そういう背景が含まれたうえで
記憶に刻まれていって、
私のこころとからだの栄養になっていくのだなあと思う。


この日は野菜の滋味深い美味しいスープと
優しい気遣いと嬉しい気持ちがダブルで溢れている美味しいパンと
地元のパッケージも可愛い美味しいコーヒーをおすそ分けしてもらった。


なんだこれ。


文字にするとますます幸せじゃないか!!


私はごはんも好きだけどパンもたまらなく好きで
いやパスタとかピザとか炭水化物全般が好きなんだけど


美味しいパンとあたたかいスープ

とか

焼きたてパンと香り高いコーヒー


とかいうフレーズにとても弱い。

文字を見るだけでうっとりしてしまう。


そんなものを、いっぺんにいただいたら
嬉しくないわけがない。


どれも、いただきながら


むっっはーーーうまいーーー!


と言って宙を仰いでしまうような美味しさだった。

なんていうか、味が好きというのはもちろんなんだけど


シンプルに嬉しいのだな。


分けてくれる優しさとか
一緒に食べて楽しいことが。


嬉しいことをきちんと嬉しいと感じられるのは
人としてすごく幸せなことだ。



授業の内容は主に解離を使ったセラピーの話だったけど
その中でセンタリングの話もあった。


他のことで頭がいっぱいだったり
やむを得ない事情があったりして
自分が何を感じているのかわからなくなるときが人にはある。

生き延びるための手段だったかも知れない。

それは、そもそも感じられないからその時はあまりわからないけど
結構苦しいし、辛いし悲しいことだと思う。

私にもあったなあ。



でも、取り戻そうとすればできるのが人でもあると思う。
もちろん例外とか限界もあるけど。

麻痺した手や足をリハビリして動くようにするみたいに
からだの隅々まで喜びで満たされるような感覚を取り戻すこともできる。

いきなりはできないから、
もどかしくて嫌になったり
いったいいつまでやればと途方にくれる思いもするけど
そして個人差も絶対にあるけど
希望もある。



美味しいものを美味しいと感じて
嬉しいことを嬉しいと感じて
怖いことを怖がって
イヤなことはイヤだとわかる


そういう感覚って
生きていて自分という肉体があるからこそわかるんだな。

それは皆に共通しているものもあれば
自分だけが自分らしく感じるものでもある。


自分が感じる感覚をじっくり大事にできると
生きているという感覚がある。
私にしか感じられない嬉しさとか幸せとかを
私が感じているという
いわゆる「かけがえのない」生命感がある。

それは人と違うことも多々ある。

だから
美味しいものを一緒に食べて
美味しいー!
と笑いあったり
嬉しいことを嬉しいと共有させてもらえるのは
やっぱり生きている上で大きな喜びだなと思う。


しかしまあ
美味しいものをいただいてこういうことを考えたり感じるってことは
私は食べることが相当好きなんだな。


多分周りの人からは
何をいまさらと仰天されるようなことを
改めて自覚した気がする。


自分を知っていく道は長い。



そういえば、講義が始まる時、先生がお線香をたいていて

なんで今日はお線香なんだろ?

と思って口に出さずにいた謎が帰り際に解けた。


私が洗面所のレールにポイと掛けていたストールを
あちらの世界のものかと思ったのだそうだ。

そりゃそうか、
まさかそこに掛けるか?ってとこに
シーツみたいな布がでろんと無造作にかかっていたらぎょっとするだろう。


勝手知ったる感じで使わせてもらってホントすみません。



それにしても、いつもそんなに鮮明に見えちゃうってことなんだなあ。


私はあまり見えない方なので、一体どんな風な世界なのかなあと素直に思ってしまう。


でも、もしかしたら
朝見た蝶々もそうなのかもしれない。


なんて思ってみたりする。





スポンサーサイト
プロフィール

あや

Author:あや
インナーチャイルドセラピー
ヒプノセラピー
アクセスバーズ等のセッション
及びアフターカウンセリングを行っています
(女性限定)


ウェブサイト
 http://aarteeni.net/


Instagram

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR