スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の怒りとのつきあい 2

つづき
…を書こうとしたら管理画面にログインできなくなりしばし放置していました。
気を取り直して続き。


感情にまつわる問題の中で
特に怒りの感情には手をやいた。

親密な相手と共に暮らせば腹がたつ時もある。

でも、それを適切に、建設的に表現できない。

なぜかというと
表現の問題以前に自分の感情をうまく把握できなかったからだ。

感情を麻痺させるクセがあったからといって
まったく感じないわけではない。
不快である、ということは十分に感じてずっと蓄積されている。

でもその不快感が
ざっくりと「怒り」とか「イライラ」であるとしか説明をつけられない。

どういうことが嫌で怒っているのか、とか
怒っているのだけど
実はこういうわけで悲しいのだ、とか
実はこれが不安なのだ、ということを心の中で明確にできない。

「何が嫌なのか」がぼんやりしているから
それを明確にしたいあまり
ずっとその怒りにまつわることや
その対象や関係について考えてしまう。

でもなんというか、それが結構な落とし穴で
理解しようとして、楽になりたいがために
対象や関係について考えているはずなんだけど
そうすると
あまり自分の気持ちが見えなくなるときがある。

頭で考えているときはあまりじっくり感じることができないんだ。
相手の行動の意図や
自分がどういう考え方や対応をすれば、この状況が変わって(全て対応次第で変わると思っているのもまたパターンなんだけど)
不快感をなくせるのか
という対策などを
頭で考えていると
自分の感情を「感じる」ことがおろそかになってしまう。

実は先にじっくり感じることが必要だったのに
対策・対応・ガマン
という方向で頑張ってしまっていた。


そしてそうしているあいだ、感じないで蓄積されている感情は
エネルギーが圧縮されてもはや衝動レベルへと移行してしまっている。

少々の怒りなら
さっと

むかつく!とか
やめてよ!とかいって

出しておしまいかもしれないけど
衝動レベルにまでなった感情は
そんなに軽やかな怒りではない。
そのまま相手にぶつけてしまうと
相手へのダメージがかなりあるくらいに育っちゃってる。
育てる意欲なんてさらさらないんだけど。

で、
そんなものをぶつけたら
その結果がブーメランのように私に返ってきて、結局双方痛い思いをする。
というかした。それも何回も。

なので、どうしても伝えたいことがあっても
なるべく感情エネルギー的にはレベルを下げつつ、何が嫌かなのかを明確に伝える必要があった。


衝動が大きすぎてそのままぶつけられない。
それを抑えるのにエネルギーを使いすぎて苦しく
自分でもこれが嫌だと明確に特定できず説明もできない。
説明できないから表現をやめ
結局またエネルギーを蓄積する悪循環。


とてもとてももどかしかった。

なんで頑張っても変わらないのか
なんでこんなことができないのかと
自分を責めたりもした。

でもどこかでは
そんな苦しい悪循環は
昔のパターンと同じだとわかっていた。
だからそこを理解したり癒したりするのが必要なんだと。

それは子どもの頃感じていた感情のぐるぐるそのもの。


「なんでお父さんはそんな病気なのよ!」

と決して口にできない言葉を飲み込んで
(本人だってそれで苦しいのだから受け止められないしね)
父が病気であることで、私は何を感じて
何がどう嫌でどうしてほしいのか
そんな細やかなことを考える余裕もなかった頃
その頃の、日々不快な感情のふたを閉めて
その環境に適応して
生きていくための対策を立てるのに必死な子どもの心が
そのまま再現されているような気がした。

たぶん無意識的に
そういうシチュエーションを選んで
成長、あるいは納得したかったのだろう。
今度こそもうできる、乗り越えられると思いたかったのかもしれない。

子どもの頃は確かに苦しかった。
ほかの手立てを知らなかったから。
でも
大人になっていろいろ学ぶと

相手にそのままの怒りを伝えられない
イコール
感情にふたをする

という図式しかこの世に存在しないと思っていたのはただの思い込みだったことがわかってくる。


抑圧された感情のふたを開けて
空気を抜くように解放して
衝動的な不快・怒りの理由や
本当は自分が何を感じているか感じられるレベルまで落ち着かせる。

その上で、相手と自分の感情を大事にしながら
伝えたいことを伝える。

そんなことが私には必要だった。





 また続きます。長い!










スポンサーサイト
プロフィール

あや

Author:あや
インナーチャイルドセラピー
ヒプノセラピー
アクセスバーズ等のセッション
及びアフターカウンセリングを行っています
(女性限定)


ウェブサイト
 http://aarteeni.net/


Instagram

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。