ありがとう、ありがとう。

生きてるとみんなそれぞれに大変なことがあると思うけど
3年近く前、先生のところに初めて行った時は
私も自分的に結構しんどい時期にあった。


その頃に見た夢のことを鮮明に覚えている。

目の前に白鳥ボートくらいの巨大な白い鳥がいて
突然、何か理由はわからないけどその鳥のお腹が真一文にざっくり切れてしまい
ばしゃー-っとバケツをひっくり返したように鮮血が飛び散って
床が血の海になってしまった。
慌ててタオルを持って鳥に近づくと
上のほうへ飛び立ってしまったので
仕方なく血であふれかえった床をタオルで拭く
という夢。

そして、その血を拭う作業は私1人ではなく
先生と小さい女の子の3人でやっていた。
あの鳥の傷はなんなんですかねー?
とか先生に聞きながら
床を拭い続けていた。


そんな夢を見たあと、講座を受講し始めた。


今振り返れば
講座を受講したことは、まさにそういう側面があったなあ
と思う。

私が見たあの傷はなんなのかを考え
血を拭い続ける作業。
もちろん、それだけじゃあないけど。

それは自分がやらないといけないことなんだけど
1人ではとてもできなかった。

夢の中で先生と小さい女の子が
一緒にやってくれたように
講座のなかでもそのようにしてもらった。

そして、夢を見た時はそんなことがあると思いもしなかったけど

実は仲間がいて
各々自分の大事なことに真剣に向かいあっているのだけど

一緒に課題に取り組んだり
ご飯やおやつを食べたり
時に床を拭うのを皆で手伝ってくれたりした。
いろんなことで笑ったり泣いたり怒ったり黙って見ててくれたりした。

これも私1人ではできないことだ。


そういう方々が皆忙しいなか、
昨日、卒業のお祝いをしてくれた。

ありがたいことだなあ。


もう何度も祝ってもらってて
すでに幸せキャパオーバー気味なのだけど
またも純粋に甘えて楽しんでしまった。

美味しいランチやお茶をいただいきながら
いろいろたくさん話し
駅近くのショップを見ながら
あれかわいいねーこれうまいねー
とのんびり歩いた。

美味しいイタリアンからカフェに移動しようと皆で歩いて
エスカレーターで登っていく姿を一番後ろで見上げながら
ああ幸せだなあ
わたし皆のこと大好きだなあ
と心から思った。

何が大好きなのかなあと考えると
みなそれぞれその人らしく
それぞれ違う自分の道を日々真剣に生きているからかなあと思う。

そういうところを敬愛している。

みな違うんだけど、真剣に歩くと道の途中で見る景色が同じこともあって
見た見た、わかるわかる、と
共有し合えるのが嬉しくもある。

まあ、共有というよりも
あーそういうことだったんだ!
と私がわかるその数ヶ月あるいは数年前に
先生や先輩は自分の道の中でそれを見ていた、
ということのほうが多いのだけど。

だから最近ようやく私が
そういうことか!と思ったこと、
例えば、前に進みたいけど進むの怖い、とかのように
ふたつの気持ちの両側を
同じように等しく感じることの大事さについても
皆すでにそれを見てきている。内容は違っても。
知識ではなく、経験として。
それを知ると
やっぱりそうなんだな、
大事にしないとな、とまた改めて思ったりする。

そんな人達と一緒に
美味しいもの食べたり、飲んだり
思うこと話したり、
ただ歩いて素敵な物見て素敵と言ったりできて

なんかもう、幸せな1日だった。




そうそう、お仕事のある先生とお別れしたあと
皆で北口に向かい、ある小さな運試しをした。

見事に全員外れた(笑)


そうなんだよ、いつもいつも毎回ラッキーだとは限らないんだ。


だからこそ、こういう幸せな出会いとか出来事が
一生のうち何回も
当たり前にあるものではなくて
ひときわ輝いた貴重なものに
私には見える。


お祝い、どうもありがとう。
幸せな時間を、どうもありがとう。













スポンサーサイト
プロフィール

あや

Author:あや
インナーチャイルドセラピー
ヒプノセラピー
アクセスバーズ等のセッション
及びアフターカウンセリングを行っています
(女性限定)


ウェブサイト
 http://aarteeni.net/


Instagram

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR