スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅惑ケーキ

先日、夫の誕生日だったので
以前からリクエストされていたチョコレートケーキを焼いた。

20140628.jpg

レシピは「グレーテルのかまど」というNHKのスイーツ番組のもので
作ったことのないタイプだったけど、普通に美味しく焼けた。

ちなみにこれは
オードリーヘップバーンが作っていたケーキ、という逸話つき。
こういう逸話があると美味しさが150%増しに感じられる。
背景を知るのが好きだ、ものでも人でも。


最近はあまり焼かないけど、ケーキを作る過程は楽しい。
もったりした生地が混ぜるうちにつやーーっとなる様子とか
オーブンの中でいい匂いをさせながら
ほわーっと膨らんでいくのを見ていると
もう細胞からなんか沸いてくる!という感覚になる時がある。
もしかして「ワクワク」の語源ってそういうことなんだろうか。

楽しいのはいいんだけど
問題なのはホールを夫と半分ずつ、しかも生のものは大抵2日で平らげてしまうこと。
いくら2人とも甘党だといっても、歳とともにだんだんきつくなってきている。

いや、全部食べなければ済む話ですけど。

そうは言いつつケーキが焼きあがると理性はどこへやらで
焼きたてを味見と称して食べ、
生地が落ち着いた頃
きちんとお茶を淹れて堪能しながら食べ、
冷蔵庫に入れて数時間後
「やっぱ冷やすんだった、冷えたの最高」と食べ、
結局いつも全部なくなってしまう。

そしてスペースの空いた冷蔵庫を眺めてしばし呆然となる。

…えーとこれ板チョコ3枚と砂糖60グラム、バターが‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

やめよう。

材料復習するのやめよう。

たまにだからいいのだ。
年に数回しかこういうことしないから。
誕生日だし。

そう自分に言い聞かせて
何かを締め出すように冷蔵庫の扉を閉める。

そして胃もたれに耐える日々。

やめる日は来るのか。
来ないだろうなあ。








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。