ひとつ終わってまたこれから

受講していた講座が終わった。

終わった直後は
おおー、私としては頑張ったなーと達成感があったけど
今は
ひえええええーまだまだこれからじゃんか!
と思う気持ちが大きい。


まあ、でもね。
とりあえずは目の前にあった山をこえて
ほっとしている。
ああ、行ってよかった。
行くことができてよかった。
できるよ、行ってきな、と言ってくれた人たちを思うとありがたくて涙が出る。


講座はとても面白くて
1日の時間があっという間に過ぎた感じがする。

だから、もちろん講座の内容からはたくさんのことを学んだけど
そのほかのことにもいろいろ学びがあった。


たとえば、ひとつは
私だったら、どんな人に心の内を聴いてもらいたいかな、ということとか。

どんな人になら、心の奥底の、自分でも気がつかないようなことを
見られてもいいと思えるか。
生きていくために、成長の途中で無意識の下にしまったことを
それを見つけたら思わず涙が出てしまうようなことを
でもこれからより良く生きていくために必要なものを
どんな人に一緒に発見してもらいたいだろうか、
ということ。

人それぞれだから、あくまで私だったら
ということだけど
こんな人にはあまり言いたくないとか
こんな感じの人だと言いやすいとかいろいろある。
でもそれらの大もとをたどると
結局は
自分自身を静かに深く受け入れている人
というところに辿り着くんだなと思った。
それを自己一致というのか。
自己肯定、自己受容ともいうのかな。
自分を愛しているとも言うのかも。
やっぱり基本に立ち帰るんだなあ。

そうしたら、私はどうするかと考えると
自分がそういう人でありつづけるように
していくしかない。

自分で日々気をつけて、時に人の手を借りて
それをやっていくしかない。

光の部分も影の部分も
たとえ表だって言えないことでも
心の中で、自分だけでも受け入れていられるように。

やるしかない、と書くと大変なことのようだけど
結局それが自分が生きる上でも幸せなことなのだから
大変だけど、不幸な辛さはない。

そしてそのことが、話をしてくれる相手の幸せにもつながるのなら
こんなにいいことはないなあと思う。


難しさはある。終わりがないし。

でもそうあれたら幸せだと思う。


そんなこと思ってる今だって
終わりの見えないその過程にいて
難しいとか、まだまだだ、とか言ってるこの時期だって
結構十分に面白くて幸せなんだけども。



















スポンサーサイト

Comment

お疲れさまでした

世界で唯一無二。
そんな”あくまで私”な私に大きな一歩を与えて下さってありがとう。
そしてそんなふうに広がった視野の欠片を垣間見せて下さってありがとう。
もうそれだけで凄い と 言うよりも それが凄い。

Re: お疲れさまでした

>かおる先生

無事終わりました〜!
私のほうこそ、先生の欠片を見せてもらったりいただいたりしなければ
今回のような経験ができなかったので
こちらこそ本当にありがとうございました。

また一歩ずつ、進んだり休んだりしながら行きます。
非公開コメント

プロフィール

あや

Author:あや
インナーチャイルドセラピー
ヒプノセラピー
アクセスバーズ等のセッション
及びアフターカウンセリングを行っています
(女性限定)


ウェブサイト
 http://aarteeni.net/


Instagram

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR